がんへの代替治療

2人に1人がガンに罹り、3人に1人がガンで死亡していると言われているほど身近で怖い病気がガンです。
このガンは男女によって発生する部位に違いがあります。
男性の場合は発生が多い順に胃ガン・肺ガン・大腸ガン・前立腺ガン・肝臓ガンとなっており、女性の場合は乳ガン・大腸ガン・胃ガン・肺ガン・子宮ガンとなっています。
男女ともに性別特有のガンの発生率が高くなっている傾向にあります。
日本人の2人に1人がガンに罹ると言われていますから、いつ自分や家族がガンに罹ってもおかしくないのです。
しかしガンは早期発見、早期治療が出来れば完治出来る病気ですので、定期的に検査を受けることが重要です。
もしガンに罹ってしまった場合の治療方法について説明します。

外科(手術)治療、放射線療法、抗がん剤治療の3種類です。
この3種類の他に最近注目を集めている治療法にフコダイン療法という治療法があります。
フコダイン療法とは、ワカメやモズク、メカブ、昆布などの海藻類に含まれるヌメリ成分であるフコダインを服用する治療方法です。
フコダインにはガン細胞を死滅させる働きがありガンの治療に効果的です。
ガンの治療の他にも胃潰瘍や慢性胃炎、ピロリ菌を退治、高血圧やコレステロールを下げる効果も期待できます。
何よりもフコダインは、放射線療法や抗がん剤治療のような副作用がないばかりか、放射線療法や抗がん剤治療による副作用を抑える効果もありますので放射線療法や薬物治療と並行してフコダイン療法を取り入れられることが多くなっています。