現在の医療技術

大腸がんの主な症状は便の異常です。例えば、便秘気味である、下痢気味である、または便秘と下痢を繰り返すといった症状があります。
さらに、ガンが進行している時に見られる症状が、血便です。赤い便や黒っぽい便が見られている場合には、注意が必要となります。
その他には、便が細くなる、残便感、腹部の膨満感などが挙げられます。
中でも、血便の症状は、痔の症状と勘違いされやすくなることが多いので、注意をすることが大切です。

大腸がんになっているかもという疑いのある人は、インターネットサイトを利用すれば、自己診断が出来ます。
お酒をよく飲む、喫煙している、肥満であるなどの項目があります。
医療機関で行なう大腸がんの検査は、問診や便潜血検査で陽性の反応が出れば、内視鏡検査、直腸指診などを行います。

大腸がんは早期発見が難しいことが多いのですが、早い段階で発見することができれば、内視鏡手術や外科療法によって治療することができます。
主にがんの治療方法は、3種類の方法です。
メスを使用した手術方法や、抗がん剤治療、放射線療法があります。
メスを使用して外科手術を行なったあとに、抗がん剤治療や放射線治療を行なって、細かなガン細胞を消滅していく方法もあります。
ガン治療の組み合わせは人によって自由なのです。

がんになる原因は様々ですが、最近ではストレスや食の欧米化が問題視されています。
また、加えて喫煙や飲酒、肥満なども原因だと考えられています。
普段の生活の悪い部分が積み重なって、がんを発症することが多くなっているので、生活習慣を見直すことが必要だとされています。
食事の中で、脂肪分や炭水化物、糖分の摂取が多い人がいれば、野菜や豆を中心に摂るよう心掛けることが大切です。
また、喫煙者はタバコの本数を減らす、飲酒が多い人はアルコールの低いお酒に変えるなど、少しの予防を積み重ねていくことが最適です。